どっちを選ぶ?単身者向けの1Rと1Kの賃貸住宅の違いや特徴とは!?

1Rと1Kの賃貸住宅の間取りの異なるところは!?

賃貸住宅の情報に関するチラシやサイトには、住所や築年数、部屋の面積などの物件の概要から、居室やキッチンなどの配置が示されている間取り図などの色んな部屋の情報が盛り込まれています。住宅の情報や間取り図をパッと見て、正しい見方ができるように知識を身につけておくことが大切です。単身者向けの間取り図の特徴といえば、主流となるのは1R(ワンルーム)と1K(ワンケー)のタイプがあります。その違いは何かというと、部屋の面積や大小とは関係なく、キッチンと居室部分のドアがあるかないかだけです。キッチンと居室部分がつながっている間取りが「1R」で、2つのスペースの間にドアがあるのが「1K」になります。

1Rと1Kは暮らしに影響する?両者の特徴を比較検討する

1Rと1Kの間取りの部屋では、生活するうえでどんな影響があるのかという点は気になりますよね。キッチンと居室空間にドアがない1Rは、居室が広く感じられることや、仕切りがないので開放感がもてるという点です。仕切りが造られていないだけで、1Kよりも家賃が安いところも魅力です。大学や就職で初めて1人暮らしをする人で、少しでも家賃を抑えたいという人は1Rを選ぶのがおすすめです。一方の1Kは、よく自炊をするという人に最適な間取りです。キッチンで料理をしている際は部屋のドアを閉められるので、料理中のにおいが部屋に漂うのをカットできます。また、配達員や訪問者が来ても、ドアを閉めていることで部屋内を見られることなく、プライバシーが守られます。

釧路の賃貸を借りて仕事を見つけようとしている方は港湾の仕事が身近にあります。物件から仕事場まで近い距離になる事も珍しくありません。