注文住宅を建てる際に知っておきたい代表的な工法とは


伝統的な木造軸組工法

注文住宅を建てる場合には、どのような工法で建物を建てるかを決める必要があります。工法というと、木造と鉄筋コンクリート造りの2パターンしかないようにも思われるかもしれませんが、実際には、それぞれの工法はさらに細かく分類されているため、それぞれの特徴を理解した上でどれにするかを判断しなければなりません。例えば、木造の中でも代表的なものとして、木造軸組工法があるのですが、これは木製の柱や梁を組み合わせ、筋交いと呼ばれる斜めの木材を使って耐震性を向上させる工法です。昔から日本で用いられている工法だけに、多くの人にとってなじみのあるものなのですが、木造だけに白アリの被害を受けやすいという点には注意が必要です。

コスパに優れた木造枠組壁式工法

木造には、軸組工法のほかに枠組壁式工法と呼ばれる工法が存在します。ツーバイフォーといった方が分かりやすいかもしれませんが、これは柱ではなく壁を使って建物を支える工法です。その特徴は、あらかじめ工場で製造されたパーツを現場でくみ上げるだけで家が完成するため、建築期間が短くて済むうえに、コストパフォーマンスも非常に優秀であるという点にあります。一方、壁がないと建物が支えられないので、他の工法に比べると設計の自由度はやや落ちるという点に注意が必要です。

頑丈さを求めるなら鉄筋コンクリート造り

頑丈さを第一に考えるのであれば、鉄筋コンクリート造りを選ぶとよいでしょう。この工法では、鉄筋入りのコンクリート製の柱や梁、壁などを使いますので、少々の地震ではびくともしませんし、木造工法に比べて耐火性にも優れています。一方、工期が長くなったり、コストが高くなるという点には注意しなければなりません。

早く住宅を完成させたいと考えて、名古屋の注文住宅の計画を焦って決める方もいます。しかし焦って決めると、確認不足などの影響で後悔するリスクが高くなるので注意しましょう。