賃貸オフィスを借りるときの選び方のポイント!立地やオフィスの広さについて

賃貸オフィスの立地はビジネスに影響大!

賃貸オフィスは色んな物件があるので、どのオフィスが自社にぴったり合うのか、経営者の方はきっと決断に迷うことでしょう。どのような賃貸オフィスを借りるかによって、自社の業績にも影響することもあるため、どうような効果を得たいのか、そして目的と照らし合わせて考えていくことが大事です。賃貸オフィスを選ぶ際には、色んな基準がありますが、ここで挙げる基準は「立地」です。駅からの距離や車でのアクセスなど、交通の便が良ければ通勤や営業の際に利便性が良いことや、来客も訪問しやすいといったメリットがあります。

また、ビルの立地が知名度の高いエリアであればビジネスにも有利になるなど、非常に大きな影響があり、様々な効果を得られるでしょう。自社にとってベストな立地がどうかを検討しながら選んでみてください。

社員の働きやすさも重要!オフィスの広さは十分か

ここで挙げるもう一つのオフィス選びのポイントが「オフィスの広さ」です。スペースの大小で家賃は変わり、面積が広いほど賃料は高くなります。自社の事業や社員数、働きやすさという点を重視して、適切な広さを見極めることが大切です。人数に対してあまりにもオフィスが狭すぎると、働きやすい環境とは言えなくなります。閉塞感を感じることもありますし、動線の幅も狭くなるため、スムーズに動き回ることができません。効率よく働けなくなるため、業績にも影響が出てくることもあります。ですから、働き心地や動線を意識してオフィスの広さを考えるとよいでしょう。

港区で賃貸事務所の管理をしている専門の会社では、大手企業から個人事業主まで様々な立場の顧客に対して、最新の物件紹介や見学の受け付けなどが行われています。