失敗しない注文住宅!業者選びからローン返済まで

注文住宅の気になるメリットは?

マイホームを取得するには新築の場合、注文住宅、建売住宅、規格住宅と大きく3種類に分けることができます。注文住宅は最も自由度が高く、理想の我が家を手に入れるなら、注文住宅を選ぶことになります。建売住宅は、すでに完成した住宅を購入する方法です。規格住宅は、あまり耳になじみのない人もいるかもしれませんが、大手のハウスメーカーなどがラインナップしている規格の中から好みのタイプを選んで建ててもらう住宅です。注文住宅は外観のデザインから間取り、建材まで自分好みに仕上げることが可能です。また、土地の形状などに合わせて柔軟な設計ができるのも大きなメリットです。

業者選びが最初のハードル

注文住宅は設計事務所に依頼するのが一般的です。大抵の場合、建物の設計は設計事務所、施工は工務店という分業制で、設計事務所が設建中の建物をチェックしてくれるので安心です。注文住宅は建売や規格住宅に比べると割高な面はありますが、丁寧に仕事をしてくれるところであれば予算に応じて建材のグレードを変更してくれるなど融通を利かせてくれる場合があるほか、アフターサービスやローンの相談に応じてくれるころもありますので、良い業者を選ぶことが大切です。

ローンは将来を見据えて慎重に

家の建築は検討しなければならないことや決断しなければならないことが多くて大変ですが、家の方向性が決まったら、支払いのことも十分な検討が必要です。住宅ローンは大きく分けて固定金利と変動金利があり、一般的には固定金利の方が金利が高く設定されています。金利の低さに魅かれて変動金利に目がいきがちですが、市中金利の動向によって月々の返済額が後々上がってしまうこともありますので、注意が必要です。

愛知の注文住宅は住宅展示場で見ることがポイントです。実物や技術のポイントなどいろいろな情報収集が可能です。