賃貸住宅選びで迷ってしまう?内見前に行う3つの準備とは

予算上限よりもやや低い金額で希望を出す

オーナーとの直接契約を行う場合以外は、仲介者となる不動産屋を通して賃貸物件の案内を受けます。毎月の家賃で苦しまないためにも、予算上限を計算したらやや低い金額で希望を出すと失敗を防ぎやすいです。なぜなら、入居希望者は予算上限を出したとしても不動産やは仲介手数料の上限が家賃の半月分と法律で決まっているので、予算上限をやや上回り条件が良さそうな部屋を案内に入れてくるからです。家賃が高めの部屋ほど見た目や利便性が良くなりやすいからこそ、目移りしやすくなります。

間取りの希望は2パターン用意しよう

1人暮らしならばワンルームで決まりと考えがちであって、2人ならば2DKが一般的です。しかし、1人暮らしであっても1DKや1LDKといった選択肢があり、2人であっても1LDKや3Kといつた間取りも視野にいれると選択肢が広がります。目安として間取りならば1LDKと2DKといった2パターンを希望して、案内される部屋の種類を増やすことが良い物件選びでは重要です。なぜなら、最初から選択肢を絞りすぎると本来ならば希望に近い部屋が案内から漏れてしまうからです。

管理費と光熱費についてもチェックしたい

内見候補がある程度決まった段階で、家賃以外の部分にまでチェックできれば余裕を持った賃貸物件選びが可能です。具体的には管理費と光熱費についてもチェックする必要があり、中でも近年増えているインターネット接続回線付き物件では管理費が高めに設定されていることがあります。また、光熱費についてはオール電化または都市ガスを選べば毎月のランニングコストが安く、プロパンガスでは月額料金負担が高くなるので生活費が増える原因となりやすいです。

江別市は市内に大学が5つも有り、若者の多いエリアです。その為、江別の賃貸は1ルームなど単身向けで、比較的家賃が安い物件が豊富に揃っています。札幌市への通勤も便利な為、独身の社会人にも人気があります。