1ヵ月前からの賃貸の部屋選び!シミュレーションをして計画的に行動しよう!


遅くても1ヵ月前までに部屋探しを進めよう

賃貸の部屋探しは、2ヵ月前から探すのがベストで、遅くても入居の1ヶ月前から始めるようにしましょう。高校卒業後の進学を機会に一人暮らしを始める学生さんの中には、合格発表の後に物件探しをスタートする人もいるため、1ヶ月前から部屋探しをする学生さんも多いです。4月の入学式に間に合うようにと、3月は物件の競争率も高くなるため、効率よく好条件の部屋を選べるにように、順序よく引越しをするために、部屋選びをする前に入居までの流れをシミュレーションしておきましょう。

1か月前からの入居までのスケジュール

入居の1ヵ月前の部屋探しは、ネットワークを使うのがおすすめ。家賃やバス・トイレのタイプ、キッチンタイプや住みたいエリアなど、自分の希望条件に沿って手っ取り早く物件を検索して部屋を選ぶことができます。入居の3週間前までに不動産屋に連絡して、希望に合うお気に入りの部屋へ内見に行きます。賃貸の広告通りの物件かどうか、設備や周囲の環境などをチェックして部屋の最終決定をし、入居希望の申し込みをします。部屋の申し込み後、3日~7日で入居の審査結果が出るので、契約に必要な書類集めの準備をします。

そして2週間前くらいまでに不動産屋を再度訪問し、揃えた必要書類を持ち込みして、物件の契約を完了させます。入居の10日前から1週間前にすることは転出届の手続きと荷造りです。そして、引越し日に、引越し・入居という流れになります。このように、たった1ヵ月で部屋選びや契約手続き、引越し準備などをすべて進めることになるため、スケジュールを立てておくことが必要です。

北見の賃貸物件の中でもアパートなどの集合住宅は増加傾向にあります。これは都市化が進んだことにより人口が増加し、限られた敷地で多くの世帯が入居できる集合住宅の需要が増えたためです。